宮崎学園短期大学

学長ブログ

学長ブログ一覧

結論は言うべからず、気づかせるべし。

2018.10.17

 教育とは「正しいことを教え、実行させること」だと考える<素人考え>の人がいる。大人が正しいことを教えて、子どもが実行してくれるなら、教育はかなり簡単な仕事になる。「喧嘩はしてはいけない」「意地悪はしてはいけない」と教えることで、世の中の大半のトラブルは解決しそうである。問題は次のようなことにある。

 子どもが勉強しようとしていた所に、親から「勉強しなさい」と言われると、途端にやる気が失せる。

 子どもが親を手伝おうと思っていた所に、親から「お手伝いしたら」と言われると、途端にやる気を無くす。

 親は思う。「私、何か間違ったこと言ってる?」

 親は正しいことを教えているし、子ども自身もそうしようと思っていた「正しい結論」であるにもかかわらず、「正しい結論」を他人から言われた途端、やりたくなくなっている。

 正しい結論にも、2種類ある。1つは<好きなやりたくなる>正しい結論、もう1つが<嫌いなやりたくない>正しい結論である。同じ結論でも、自分が見つけると<好き>になるが、人から言われるとムカつき<嫌い>になる。

  子どもに勉強させたいときに「勉強しなさい」と言えば、やる気を無くす。ではどうしたら良いのか?

 「どうしたいの?」「どうなりたいの?」「どうなると思う?」と考えさせ、相手に正しい結論を言わせるのである。(あっ、もしかして私「結論」を言ってる!?)

 事ほどさように、結論を押しつけがちな私達である。気づかせる一手間が、教育の一手間である。一手間加えて、「正しい結論」を実行できる人に育てたい。

 「10年後、どんな人になっているかな?」

 「何に困ると思う?」

 結論は気づかせるべし。

 ただし、人から言われる「正しい結論」を受け入れられる謙虚さも育てなければならない。

 

2018/08/30
切り上げる力を身に付けよう
2018/07/02
日本の日なたで太陽になる
2018/06/22
与えたモノが返ってくる 〜返報性の原理〜
2018/03/27
私が20歳の時、知っておきたかったこと「失敗を隠すより、失敗から学べ。」
2018/03/16
自信はなくていい、でも情熱を傾けられるモノを見つけよう!
2017/10/16
建学の精神を受け継ぐ
2017/10/05
誘惑と自制
2017/08/04
放り投げたものは、拾わなければならない 〜人生はビスケット缶〜
2017/05/12
自分が幸せでない人は他人を幸せにできない
2017/04/03
笑顔の交流がある暮らし
2017/04/02
やめられない、とまらない
2017/01/11
静粛の気遣い
2016/12/16
中庭が完成した
2016/11/11
ステップを踏めば、咲かせられる花がある
2016/10/24
発見の楽しさに目覚めた個性が輝く教室を
2016/10/19
発見が勉強
2016/10/05
颯爽と自律へ 〜自分で学び、考え、行動する〜
2016/08/30
「小さな芽」から始まる物語
2016/08/04
幸運の女神に出会う一日一善

バックナンバー

PAGE TOP