ホーム > 新着情報 > 第49回県統計グラフコンクール 県知事賞受賞!

新着情報

新着情報詳細

第49回県統計グラフコンクール 県知事賞受賞!

2018.01.10

 平成29年12月20日(水)県統計グラフコンクール表彰式が宮崎県庁本館講堂で行われました。

 本学からは現代ビジネス科2年生がコンクールに応募。現代ビジネス科の授業「リサーチ入門」(自分の疑問に思うことについて、インターネット検索・文献検索・フィールド調査等を行い、その結果をまとめ、他の人に解りやすく伝えることを目標とする)で学生50人に好きな郷土料理などをアンケート調査してまとめたものが、みごと県知事賞に輝きました。

 メンバーの一人、松尾優見さんが受賞者を代表して挨拶を行いましたのでご紹介いたします。


 

 宮崎学園短期大学現代ビジネス科(ビジネスコース)の松尾と申します。

 本日は宮崎県統計グラフコンクールでこのような賞をいただき誠にありがとうございます。この度表彰を受けられたのは私個人の力ではなく共にアイデアを出し合い、制作に携わったグループのメンバー、そしてサポートをしてくださった先生方のお力添えをいただいたおかげだと思っております。受賞者を代表しましてお礼申し上げます。

 製作にあたってテーマを決定するのにグループ内で何度も意見を交し合いました。 当初は郷土料理とは何の関係もないテーマでした。しかし、統計グラフを見ていただいた方々が宮崎県について強く興味を持てるようなものが良いのではないかという意見が出ました。さらに本学の学生の中には県外出身者も多数在籍しているので宮崎県が他県からどのように見られているのかを調査できるのではないかと考えました。以上の点を考慮したうえで、最終的には「宮崎県の郷土料理について」というテーマに落ち着きました。

 アンケート調査を行い、統計グラフという形にまとめ上げるまでに多くの時間を費やしました。また、グループ内で同じ県内出身者でも知っている料理や銘菓に大きな違いがあることに驚きました。多くの料理や銘菓の中から何をアンケートの項目として使用するかについても大変悩みました。しかしこのような調査を行ったことによって、それぞれの地域で多くの郷土料理が親しまれていることを改めて実感し、私たちの住んでいる地域、そして宮崎県民としての誇りを持つことが出来たのではないかと思います。

 今後はこの表彰を胸に刻みまして、残りの学生生活も有意義に過ごしていきたいと考えています。 またこの様な機会をいただくことが出来ましたら、宮崎県の良さや新たな魅力が伝わるようなものを作り上げて生きたいと思います。 本日は本当にありがとうございました。

 

※画像をクリックするとPDFファイルでご覧になれます。

なお、受賞作品は第65回統計グラフ全国コンクールにも出品され、佳作をいただきました。

受賞者のみなさん、本当におめでとうございます!

PAGE TOP